計画的な返済方法を考える

クレジットカード

カードローンをはじめとして、最近では手軽に借金の借入と借金返済ができるサービスがいろいろとあります。

そこでお金に困った時に、気軽に借金をする癖のついている人はいませんか? 確かにお金に困った時に借りられるのは、非常にありがたいです。 しかし、お金を借りれば、いずれはその借金返済をしないといけません。 返済できる借金をしていかないと、後々大きなトラブルになってしまいます。

返済の期限までにお金の準備ができない、借金返済するお金がなくてまたほかのどこかに借金をして多重債務に陥るなどのトラブルに陥りやすくなります。 そこでテレビのコマーシャルでもよく言っていますが、計画的な借金返済方法を採ることを心がけることが大事なのです。

まず、借入の申し込みをする前に、その借りたお金の借金返済をする当てや方法があるのかどうか考えてみることです。 借金する人を見てみると、審査をクリアして借入できるかどうかという所で考えが止まってしまっている人が多いです。 しかし、借金をすれば、いずれそのお金を返済しないといけません。

返せないお金を借りたところで、いずれその借金返済に苦しむことになるわけです。 「今そのお金がないとどうにもならないのだから、借金は仕方がない」という人もいるでしょう。 しかし目の前で問題が起きるか、少し先延ばしになるかの問題です。 もし返済できない借金であれば、ハナからすべきではないのです。

借金返済のために家計簿をつけよう

また、どのようにして返済するお金を作っていくかを考えないといけません。

借金返済をする分、余計な出費ができるわけですから、自分の生活費などの見直しをしないといけません。 返済のための資金を作るためには、まず収入を増やす方法があります。

しかし、収入を増やすといっても現実問題として、そう簡単に収入は増えません。 特にサラリーマンのような給与所得者の場合、自分がいくら頑張ってもすぐに昇給するわけではありません。 そうなると支出を見直して節約できるところはないかを確認してみることです。

そこで重要なのは、家計簿をつけるという方法を試みることです。 意外と家計簿をつけていない人の中には、自分がどこにどのくらいのお金を使っているかきちんと把握できていない人は多いです。 家計簿をつける方法を採ることで、自分が意外と無駄遣いをしていることに初めて気づくケースもあります。

そして無駄遣いをしている所を節約して、借金返済のための資金を作ってみてください。 そうすれば、賢い借金返済方法を実現できたと言えます。 また家計簿をつけることで無駄遣いが少なくなれば、家計のやり繰りも楽になって、借金をしなくてもよくなるなどの効果も期待できます。

家計簿と聞くとなんだかつけるのが煩わしいと思う方もおられると思います。 そういう方は、パソコンやスマートフォン用フリーアプリの家計簿を利用しましょう。 特にスマホの家計簿はお勧めです。 スマホなら自宅にいなくても空いた時間に家計簿をつけることができます。 家計簿をつけることで支出の無駄がなくなり借金返済も大幅に楽になるはずです。 効率よく借金返済を終える為にも、ぜひ家計簿づけは毎日の日課として導入をしましょう。

やむなく作ったキャッシングカードをきっかけに

金融機関のキャッシングカードを作ったのはクレジットカードの支払いのためでした。 引っ越しの際の退去費用をカードで支払い、支払い日を知らせると言われたきり不動産会社から連絡がなく、連絡が来たらカード会社に分割を申し出ようと思っていたところ、なんの連絡もなく引き落とし出来ませんでしたとカード会社からの連絡がありました。

不動産会社に文句を言ったところですでに請求を止めることはできず、借金を返済できなければクレジットカードは停止、今後新たなカードを作ることもできなくなりますというのです。 しかし、その時の退去費用約20万円を一括で返済するすべがなく、仕方なしに金融機関のキャッシングのカードを作り、借金をしてお金を工面しました。

その時の審査で上限200万円まで借入可能とのことで、使い勝手がよく給料前等にちょくちょく借り入れをする借金癖をつけてしまいました。 また酔っ払うと人に奢りたくなるという性格も災いし、月に数万円すつだから大丈夫だろうと借金を重ねていきました。 時折、会社の研修等で海外に行くこともあり、その際にもやはり散財をしていました。 借金の借入上限までまだまだあるからと軽い気持ちで借金を繰り返すようになっていきました。

気づけば返済額は膨れ上がり、現在130万円の借金があります。 月2万円程度とボーナスでの返済をしている最中です。 最初はやむなく作ったキャッシングのカードですが、便利さに溺れ大きな借金を作ってしまいました。 同じ失敗を繰り返さないためにも返済が終わったらこのカードは処分するつもりです。

転職失敗から始まった借金返済

私は大学を卒業後、一度就職はしたのですが仕事が合わず、転職を決意し仕事を辞めることになりました。 そのとき、転職が思うようにうまくいかず、仕事を辞めたのはいいものの結局新しい就職先を見つけるまで半年かかってしまいました。 最初はなんとか貯金でやりくりしていたのですが、どうしても生活費がおいつかず、キャッシングで借金をすることを考え始めました。

一人暮らしだったので、一度実家へ帰って親へ頭を下げることも考えましたが、当時、家族も身内の介護で大変な時期で、とてもではありませんが家族に借金を頼める余裕はありませんでした。 クレジットカードを作ったときに、キャッシングの枠も用意されていたことを思い出した私は、考えに考えたすえ、専用のATMまでどきどきしながら借り入れの手続きをしに行きました。 やはり、キャッシングや借金というとあまりいいイメージは無く、なるべく手を付けたくはなかったのですが、どうしようもありませんでした。

手続きは簡単で、すぐに借金10万円を借りることができました。 ATMから10万円ががばっと出てきたときは、「ああ、ついにやってしまった…」と少し恐ろしくなったものです。 でも、それからというもの、就職が新しく決まっても、何かにつけてキャッシングで借金をする癖がついてしまいました。

借金することに慣れてしまっている自分がいることに気づいたときは泣きたくなりましたが、癖になってしまってもうどうすることもできませんでした。 日常の些細なお金が足りない出来事に対しても、あとあと考えてみれば借金などする必要がないことに対しても返済の事を考えずに借金をするようになりました。

月に5000円ほどの少額リボ払いでの返済だったので、余計に手が出しやすかったのだと思います。 今も返済中で、転職失敗から始まった借金でしたが、今ではいろいろなことが重なり返済しなければならない額も大きくなってしまいました。 キャッシングやカードローンは便利ですが、使い方を間違うと返済額が膨れ上がりひどい目にあうということがよくわかりました。